>HOME >GFGが主催する親睦会等に関する実施方針(7月1日以降)

GFGが主催する親睦会等に関する実施方針(7月1日以降)

GFG会長  田邊 克彦
GFG会長  田邊 克彦


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、会員の皆様には日常生活や仕事など社会及び経済活動の著しい制限や自粛を余儀なくされ、大変な状況下に置かれている事とお見舞い申し上げます。
GFGにおきましても、全国大会の中止や無期限の延期、全国一斉に6月末までの大会や各種イベント全ての開催自粛を要請しているところです。
6月5日現在、全国に出されていた非常事態宣言は解除され、政府は段階的な緩和方針を公表し社会経済活動を徐々に再開させる方向です。
しかし、東京や福岡など一部でクラスターが発生し第二波の懸念が完全に払拭出来ないのも現実です。

本部では、再三にわたりWEB会議や各地区本部のご意見をアンケートなどで伺いながら活動再開に向けた方策を検討しています。
私としましては、再開に向けて一部で自粛の継続や完全終息までの活動中止のご意見があることは承知していますが、現在殆どの府県において一定期間新規感染者ゼロで推移していることも踏まえ、7月1日より都道府県・支部単位での懇親会等の再開を目指したいと思います。勿論、未だ感染リスクの高い地域を除いてのことです。
各種メディア等での有識者の話によると、他の感染症と同様に新型コロナウイルスは将来にわたり世の中から無くならないと言われています。
このままでは社会経済の停滞で企業倒産や失業者の増加など深刻な状況をまねく事が懸念され、これは釣り業界においても同様で危機的状況にあると同時に我々GFGも存続の危機をまねきかねないと憂慮しています。
当然ですが、別途お伝えした再開に向けての指針を遵守し細心の注意を以てのイベント開催であるべきですし、会員の皆さんの安全を最優先しなければなりません。
幸い、我々の活動は屋外で行われ三密の回避などの対策は比較的難しく無いと思います。
今こそ、GFGの行動を以て他の釣り団体、釣り人の模範となる運営を実行してコロナに立ち向かい、以前の活気を取り戻す努力をすべきではないでしょうか。
これには批判のご意見も少なからずあると思いますが、当然政府、各自治体の方針や新型コロナウイルスの感染状況を注意深く判断して行動しなければならないことを申し添えて、会員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと思います。
最後に、会員各位のご安全とご健勝を心よりお祈りいたします。

令和2年6月10日



GFGが主催する親睦会等に関する実施方針(7月1日以降)

(1) 基本的な考え方

時期 措置内容
6月 親睦会等の自粛、個人釣行は自治体が公表する要請等に従う。
7月以降 親睦会等が実施可能な地区は、当該地区の自主的な判断により
「支部単位」(支部のない地区は地区本部)の実施を可能とする。
一方、地区の状況により実施に不安のある地区においては、引き続き自粛措置を継続する。
8月以降 国や自治体における、概ね3週間での段階的な緩和をみて対応していく。

(2) 釣り場の設定と準備 ※親睦会等幹事が留意する事項として参考にして下さい。

  • 磯釣りや船釣りで漁港施設を駐車場等に使用する場合は、必要に応じて地元漁協等の了解を得る。
  • アユ釣りや渓流釣りで河川敷等の公共用地を駐車場等に使用する場合は、必要に応じて地元漁協等の了解を得る。また、オトリは各自用意するなど、集団行動を出来るだけ避ける大会方法を検討し、表彰式は民家から離れた場所にて実施する。
  • ヘラブナ釣りでは釣り座の間隔を2メートル以上確保する。
  • 投げ釣りでは、釣り場の設定を○○地区全域にするなど、分散型の親睦会とする。
  • 参加者の集合写真は控える(釣り風景等の写真を撮影する)。
  • 釣り場にテントやがまかつ旗等を立てない(過度に目立つような行動、活動は避ける)。
  • 参加者名簿を完全に作成し、連絡先等を把握する(疫学調査協力のため)。
  • 大会要項は予め印刷しておき、参加者に読んで理解していただく。

(3) 感染防止対策事項

①釣り場及び集合場所における「3つの密」(密閉・密集・密接)を徹底して回避する。
  • □ 受付及び表彰式は、屋外で行なう。
  • □ 人と人との間隔は、2メートル以上確保する。
  • □ 集合場所にはアルコール消毒液を設置する。
  • □ 参加費用は、お釣りが出ないよう準備してもらう。
  • □ マスクの着用及び咳エチケットの励行をする。
②下記の方は参加を控えてもらうよう、事前に周知する。
  • □ 風邪のような症状(発熱・咳・咽頭痛・鼻水・鼻づまり)がみられる方。
  • □ 基礎疾患等があり、自身の健康に自信のない方。
  • □ 2週間以内に海外(感染流行国)又は国内の感染多発地域へ旅行や出張をした方。
③その他注意事項
  • □ 親睦会等参加者に対し、親睦会等終了後に発熱や感染が疑われる症状が出た場合は、医師や保健所等の指導に従うとともに、主催者にも連絡するよう伝える。